【死役所ネタバレ】加護の会とはどんな会?入信者の結末はどうなる?

「死役所に出てくる加護の会って何?」

「加護の会はシ村と関係しているの?」

「入信した人の結末はどうなる?」

 

この記事では、死役所に出てくる謎の団体「加護の会」について原作よりネタバレしています。

加護の会はどんな会なのか、どういう活動をしているのか、シ村との関係はあるのか、加護の会に入会した場合の結末についてネタバレしています。

 

シ村の過去にも直結する内容なので、必見です。

 

 

ドラマ【死役所】動画はParaviで全話独占配信中。

1話~最新話まで全話見れるのはParaviだけ。

 

初回30日間は無料で利用できる無料体験実施中!無料体験の間は無料でフル視聴できます!!

気に入らない場合は初月に解約OK!違約金一切なし!

 

 

\今すぐ簡単登録/
Paravi無料体験をする
無料期間中いつでもキャンセルOK!違約金なし!

無料体験はいつ終了するか分からないのでお早めに。

 

 

【死役所】加護の会とは?ネタバレ

加護の会については、漫画7巻30条~32条の「加護の会」で、実際に加護の会に入信していた寺井という男の人生を振り返る形で、詳細に記載されています。

漫画7巻を読みたい方は、U-NEXT無料体験のポイントで無料で読むことができますよ!

 

 

加護の会とは、一言でいうと、怪しい宗教団体。全国に15か所くらいある。

教祖は蓮田栄山。モットーは「無為自給」。

つまり、すべてを受け入れることで心の解放を促し、世を客観的に見据えることで作られた”正しさ”ではなく、真理を手に入れることができるというもの。

 

 

「弱みを認め、あるがままの自分を愛し、受け入れる」ということです。

信者たちは皆、社会のしがらみもなく、心が軽くなったと口を合わせて言っていました。

 

 

また、加護の会の信者は皆家族となり、俗世からは離れて過ごします。

貯金も全額加護の会へ捧げ、加護の会では自給自足の生活となります。

 

信者となってからは俗世とのつながりは完全に断たなければいけないため、スマホやNG、外から持ち込んだものを食べたりすることも禁止です。

あと指差しも禁止。

もし違反した場合は、体罰を受けることになります。(加護の会では触れ合いは愛をはぐくむという考え)

 

 

【死役所】加護の会への入信・修行方法とは?ネタバレ

加護の会の信者になるには、まず定期的に開かれている講演会へ参加します。

そこで教祖の蓮田栄山が講演をして、気になった人は実際に加護の会の本部へ訪れ、本人の意思を確認してから入信手続きとなります。

 

講演会では「いつでも帰りを待っています、あなたは家族です」との手紙が添えられており、俗世の生活に疲れている人がつい訪れてしまうしくみ。

講演会の補助をしているスタッフが可愛い子だということも男性信者を増やすのに効果的だと思われます。

 

 

本人の意思があればいつでも入信することができますが、入信までには以下のことを守らなければなりません。

 

  • スマホの解約
  • 通帳・印鑑持参して財産は全て寄付

 

そして入信後は、1週間、加護の会の教えが張り巡らされた修行の間で修行することになります。

修行内容としては、3日間の断食、外のものを排除するためトイレに多めにいくこと、全身を水で清められる、なるべく1週間は寝ないこと。

 

 

修行が終わったころには体は限界となり、加護の会の洗脳状態となっているのです。

1週間の修行のあとは、教祖の蓮田栄山のことを「お父様」と呼ぶこととなり、本人にとっては本当に家族のようになります。

 

 

【死役所】加護の会に入信した寺井の結末は?ネタバレ

寺井は加護の会に入信し、完全に信者となってしまいます。

結末は、寺井は加護の会が全てという感じになってしまい、家族が加護の会に助けに来て説得するも話を聞く耳をもたず、家から逃走して交通事故にあって死亡するのです。

寺井は加護の会に入信して幸せだったという。

 

 

以下、寺井の過去のネタバレ↓

 

寺井は自分より優秀な兄がおり、いつも比較されることを辛いと感じていた。

加護の会にいるときは、自分を認められ、楽になれる気がして、何度も家族に隠れて加護の会に通い、入信したのだ。

 

加護の会の修行中はつらかったが、何度も言葉をぶつぶつ言っているうちに、あるときストンと心が楽になったという。(洗脳完了)

加護の会では、禁欲しなくていいため、いつでもキレイなお姉さんに相手してもらえることも気に入っていた。

 

兄が加護の会に入信している寺井を見つけ、一度強引に家に帰るも、寺井は早く帰ると言い張る。

 

寺井にとっての本当の家族は、加護の会になっていたのだ。

寺井にとって加護の会とは、一番自分らしくいられる場所だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【死役所】加護の会とシ村との関係は?幸子の結末は?

加護の会は、実は死役所職員のシ村の過去にも密接に関係しています。

シ村の過去ネタバレ記事にも記載しましたが、シ村は実は冤罪。妻が育児ノイローゼとなったことがきっかけで加護の会の信者となり、戻ってこないのです。

 

シ村は生前妻と娘の3人家族でした。

娘の美幸は、超偏食で5歳になっても食べ物はほとんど食べず、土や絵の具ばかりを食べていました。

 

心配になったシ村と妻の幸子は、病院へ行きますが何も異常なし。

そんな中、幸子はノイローゼ状態に。

 

そんな中、幸子が加護の会のチラシを見たことがきっかけで加護の会に興味を持ちます。

一度行ってから幸子はどんどん加護の会にハマっていく・・

 

幸子は加護の会の信者となり、帰ってこなくなりました。

シ村が幸子を返してほしいとお願いしに行っても、今は返せませんと門前払い。

 

仕方なく庭で遊んでいた美幸だけ家に連れて帰ったときに、美幸が殺される悲劇が起きたのです。

 

 

シ村はずっと妻の幸子が加護の会から帰ってくるのを待っています。

シ村は冤罪なのに成仏しない理由は、幸子が来るのを待ち続けているから。

 

 

シ村は寺井に幸子についての情報も効いています。

寺井の話によると妻の幸子は、加護の会でも特別な加護を受けている人なんだそうです。

全国に加護の会の施設は15個ありますが、その中でも特別な加護を受けている人は幸子だけです。

 

さらに幸子の生死については寺井は生きていると断言します。

※加護の会では信者が死亡すると祈る習慣があるため。

 

 

幸子の結末は、加護の会で人生を全うして、死役所でシ村と再会するのだと思います。

幸子は加護の会での生活の方が長いので、シ村にとっては酷い反応をするかもしれません。

それでも、シ村は幸子とともに成仏すると思います。

 

 

シ村は自分の家族を奪った加護の会のことをとても恨んでいるし、幸子に会うまで今後も加護の会の調査をしつづけると思います。

加護の会の教祖が死役所に来る日が先そうなので楽しみです。

 

 

死役所の加護の会とは?まとめ

  • 怪しい宗教集団
  • 教祖は蓮田栄山
  • 現世とのつながりを絶つ
  • 自分らしく生きるがモットー

一度加護の会に入信すると、完全に洗脳されてしまうので、俗世には帰れなくなってしまいます。

シ村の妻の幸子も、もう加護の会信者になってしまって、シ村のことは敵だと思っているかもしれません。

 

ですがどこかでシ村のことは覚えていて、シ村と幸せに成仏してほしいです。

 

 

死役所のシ村の過去についてはこちらの記事で詳しくまとめています

【死役所】シ村の壮絶な過去を原作からネタバレ!何話に載ってる?

 

死役所職員の過去ネタバレはこちら

【死役所】シ村・ハヤシ・ニシ川・イシ間ら職員の過去を原作からネタバレ!

 

 

ドラマ死役所動画はParaviで全話無料で見れます!

詳細はこちら→【ドラマ死役所動画】無料で見逃し配信を視聴する最も最適な方法とは?(1話~最終話)

【死役所ネタバレ】加護の会とはどんな会?入信者の結末はどうなる?
最新ドラマ情報をチェック!!
スポンサーリンク