【イチケイのカラス第3話ネタバレ感想】駒沢部長の暴走⁉凶悪犯の愛に隠された真相

Hこの記事では、ドラマ好きの私が【イチケイのカラス第3話ネタバレ感想】についてまとめています。

 

実際にイチケイのカラス第3話見て思った感想や、視聴者の方の感想もまとめています。

 

イチケイのカラス第3話では駒沢部長が部長が入間ってる!?凶悪犯の歪んだ愛に隠された真実とは?

 

本記事では

  • 事件内容
  • 駒沢部長の暴走!?
  • 事件に隠された真実

についての詳しいネタバレをまとめました。

 

 

「イチケイのカラス」は1話~最新話まで全話FODプレミアムで配信中!

初回2週間は無料でお使いいただけます!

\2週間完全無料/
いつでも解約OK!

 

イチケイのカラス第3話詳しいネタバレ

事件内容

東京地方裁判所第一刑事科・通称イチケイは本日も平和な朝を迎えた。

 

部長・駒沢義男(小日向文世)は自費出版した刑事裁判官の冊子が売れずに頭をかいていた。

 

それを売りつけられそうになる坂間千鶴(黒木華)は将来的的に民事裁判官へのキャリアプランを宣言する。

 

そして、入間みちお(竹野内豊)は甥っ子から聞かれた質問をイチケイのメンバーに投げかけていた。

 

「どうしたらアインシュタインになれるか」

 

千鶴は愚問だと意に解さなかったが、裁判官にとって大事なことだとみちおは言う。

 

今回の合議制案件を持ち掛けたのは駒沢だった。

 

駒沢は会議でイチケイメンバーに「たぬき親父感がない」「いつものニコニコ感がない」などと評されるも「先入観を持ってはいけないので」と言葉を濁す。

 

この事案に何か個人的な思い入れがあることは間違いない。

 

案件は重過失致死及び遺体損壊の殺人事件で、被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)、被害者は市役所職員の野上哲司(成松修)。

 

そのガラス工房には14歳になる野上の娘・碧(渡邉心結)が通っており、笹原警察署の警察官でもある母親の奈緒(佐津川愛美)がいつも迎えに来ていた。

 

藤代は奈緒に一方的な好意を抱き、差出人不明で監視や人格非難に当たる内容の手紙を何度も送りつけていた。

 

それが藤代の犯行と気づいた野上は事件当日工房で会い、口論から掴み合いに発展し、野上が自転車で逃げようとした藤代を止めようとして二人は衝突し、野上は機械の角に頭部を強く打って死亡。

 

犯行の露見を恐れた藤代は工房の焼却炉で遺体を焼却した。

 

第1回公判で被告人・藤代が入廷した時、彼は裁判官席に座る駒沢を見て驚いた表情を見せた。

 

実は18年前、当時裁判長として彼を裁いのが駒沢であり、被告人を情状酌量で減刑していたのだ。

駒沢部長の暴走⁉

「原則として被告人の前科は考慮しない」とする裁判で、駒沢は明らかに被告人に肩入れしていた。

 

千鶴は部長に忠告したものの、原則は時に破るものだと、すぐに却下されてしまった。

 

事件資料を精査していたみちおは実況見分を2度に分けて行っていたことを発見し、第2回公判では反抗時刻が曖昧な被告人の自供に警察の主観が入っているという駒沢の指摘があった。

 

そしてみちおは3度目の実況見分を提案し、職権が発動、裁判所主体で再度捜査が行われる事となった。

 

実況見分に立ち会った笹原署の刑事・岡崎(水間ロン)も同行し、現場のガラス工房で操作が行われた。

 

藤代の供述では20時に被害者・野上から電話があり工房で会うことになり、22時頃に口論となり犯行に及んだ。

 

しかし事件当日に工房へ続く道路は19時から24時まで工事中で通行止めになっており、藤代はその矛盾を指摘した後に記憶違いを認めていた。

 

さらに、22時頃に工房の廃熱用ファンが動いていたの目撃証言もあった。

 

警察は被告人の自供と状況証拠で犯行を決定していたのだ。

 

駒沢は次回公判までに証拠を提出するように指示していたところ、工房の中からガラスの割れる音が聞こえ、急いで駆けつけたところ野上碧が暴れていた。

 

迎えに来た母親の奈緒に話を聞くと、地元のお祭りで藤代と出会ってガラス工芸教室に通い始めた碧は藤代をとても信頼していたという。

 

碧からも事件について話を聞かせて欲しいとみちおは提案したが、信頼する人に父親を殺された彼女の気持ちを察して欲しいと断られてしまった。

 

第3回の公判で、藤代は碧が職人になりたいと言われて嬉しかったと証言。

 

家族になりたいと夢を見て、警告通りに夫と別れれば良かったのだとも。

 

事件当夜の22時に工芸作業で焼却炉を使っていたとの証言にも不自然点は無かった。

 

そして駒沢は被害者の足取りについて検察に質問したが、警察は不検討であるとの回答だった。

 

公判後、駒沢は「不検討」について笹原署へ抗議に向かう。

 

みちおと千鶴も同行した。

 

全ての証拠を出す必要はないと抗議を退ける警察に対して駒沢は怒りを滲ませながら反論する。

 

これは検討するべき証拠がないとする「不検討」ではなく、あるはずの証拠を見当たらないとする「不見当」であり、駆け引きなどクソ喰らえだと一喝した。

 

真犯人を逃さない、冤罪を生んではいけないのだと。

 

帰り際、みちおは岡崎刑事に読みかけの本を手渡していた。

 

「大事なところは折ってあるから」

事件に隠された真実

後日、警察からの返答は再度”不見当”だったが、岡崎刑事が匿名で証言するとみちおを訪ねて来たのだ。

 

みちおが渡した本に書かれていたのは「情報提供者の保護、匿名化」について。

 

つまり駒沢部長の抗議にみちおがアシストすることで証言を得られたという阿吽の呼吸だった

 

岡崎の証言から警察が裏取りを行わず、奈緒の身体にあざがあったという同僚警官の証言やDV被害が疑われる証言を提出していなかった事が明らかになった

 

奈緒が被害届を出していなかったのは、警察沙汰にすることでDV被害が悪化するケースを知っており、娘にまで被害が及ぶと危惧したからだろう。

 

補充捜査せずに検察に上げたのは部下の犯罪関与は大きな失点となる刑事部長の判断であり、署長に付いて本庁への異動する為の忖度だった。

 

検察へ起訴のやり直しをお願いし、自分はみちおから本庁からの叱られ役を頼まれた駒沢の表情はいつものたぬき親父のニコニコ顔だった。

 

所在尋問の為、藤代の保護司をしていた津田の元を訪れていたみちお、千鶴と書記官の石倉(新田真剣佑)。

 

千鶴はその道中で弁護士だったみちおを裁判官の道へ後押ししたのは駒沢であり、二人がある種の師弟関係だと知る。

 

「あなた自身の手で裁くんです、この国の司法を。」

 

駒沢にそう言われなければ裁判官にはなっていなかったと、みちおは思い出していた。

 

元保護司・津田の話の話から18年前、罪を犯して逃亡の末自殺を図ろうとした藤代を止めた人物が当時新人警察官だった野上奈緒だと判明。

 

二人には隠された強い絆があると黙っていたという事は、そこに真実が隠されているはずだとイチケイの面々は確信する。

 

第4回の公判で明らかになったのは悲しい事実だった。

 

検察の新証拠が提出され、お互いに「自分がやった」と庇い始めた藤代と野上にみちおや駒沢が真実を話すよう諭した。

 

野上哲司を殺害したのは奈緒の娘・野上碧だった。

 

被害者である父親と口論になってぶたれた際、藤代との出会いのきっかけとなったガラス細工が割れてしまい、とっさに殺してしまったのだ。

 

ちょうど電話をかけてきた藤代に泣きながら助けを求め、彼は携帯の通話記録を作って被害者との接点を作り、ガラス工房で遺体の処分をして犯行現場を偽装することで、自分が罪を被ろうとしていた。

 

そこへ奈緒が現れ、藤代の罪を少しでも軽くしようと被害者が自転車で転んで致命傷を負ったように工作したのだった。

 

そして収監された藤代と話した駒沢は更なる真実を聞くことになる。

 

碧は藤代の実子であり、前科のある藤代は警察官である奈緒とは結婚出来ない。

 

彼女はそれでも良いと言ったが、藤代は彼女や生まれて来る子供の為に別れを選択した。

 

駒沢は供述の中には嘘と真実が入り交じっているようだったと話した。

 

「彼女を愛している。家族になれると思った。」

 

これらの言葉は本当の気持ちだったのではないかと聞くと、藤代は驚きながらもどこか嬉しそうな表情をしていた。

 

「何でもお見通しなんですね。」

 

アインシュタインは常識を疑う事で様々な真理を見つけ出した。

 

刑事裁判官として大切なのは「疑う事」なのだ。

 

千鶴は駒沢部長に尊敬の念を感じ始め、もう少し刑事裁判官を続ける事に決めた。

イチケイのカラス第3話を見た私の感想

駒沢部長の過去の判決と被疑者への鋭い洞察力が光る回でした。

 

「疑う」と「信じる」は正反対のように思えて実は紙一重であるという点に人間心理の深みを見ました。

 

人を信じることも疑うことも、自分を不安にさせますよね。

 

駒沢部長が藤代を疑っていたのは過去の自分の判決を信じ、彼が再び罪を犯さないと信じていたからでしょう。

 

罪を犯した人の分岐点が「法廷」であり、裁判官の責任は重い。

 

下した判決が間違っていたのかと不安になって疑ったという一面もあるかも知れません。

 

「疑う」ことは他人を信じていないようにも思えますが、信じているからこそ相手を疑う必要がある。

 

「常識を疑って真実を発見する」

 

アインシュタインへの近づき方という事件内容への分かりやすいアプローチのヒントをくれるみちおの甥っ子は毎回良い質問をしますよね。

 

子供の素直な視点が大切だという事なのでしょうか。

 

みちおと駒沢部長の過去を垣間見た千鶴、この3人の関係性や千鶴の変化がこれからの「イチケイのカラス」の大きな見どころになるでしょう。

イチケイのカラス第3話を見たみんなの感想

イチケイのカラス第3話ネタバレ感想まとめ

  • ガラス工房を営む藤代は工芸教室の生徒である中学生・碧の母親・奈緒に一方的な好意を抱き、その父親である野上哲司を殺害し、証拠隠滅の為に遺体を焼却した。
  • 藤代はかつてイチケイの駒沢部長が裁いた被告人であり、一見肩入れしているように見えたが…。
  • 警察内部の忖度とずさんな捜査による犯行時刻の矛盾や証言の隠蔽が明らかになり、真犯人は碧であり、野上から暴力を受けた際に殺害してしまった。藤代は実は本当の娘である彼女をかばっていた事が判明。

今回は駒沢部長に焦点が当たった回でした!

 

千鶴もイチケイに感化されてきて、今後の変化が楽しみですね!

「イチケイのカラス」は1話~最新話まで全話FODプレミアムで配信中!

初回2週間は無料でお使いいただけます!

\2週間完全無料/
いつでも解約OK!

 

2020年冬ドラマおすすめランキングベスト5!

 

  • コタキ兄弟と四苦八苦
    5

    コタキ兄弟と四苦八苦

    古館寛治×滝藤賢一W主演でおくる、愛すべきダメおやじの人間賛歌コメディ!

    真面目すぎる兄と、ちゃらんぽらんすぎる弟。
    性格が正反対の兄弟がレンタルおやじになり、無茶ぶりに四苦八苦しながらも必死に生きる姿を描いたコメディ。

    テレビ局

    テレビ東京

    放送日・時間

    毎週金曜日0:10

    主演

    古館寛治・滝藤賢一

     

    <いちママ評価>

    これは私が個人的にメチャクチャハマったドラマ。

    古館寛治&滝藤賢一の2人の息がぴったりで、脚本も圧巻。安心してみていられるドラマです。

     

    ・性格が正反対の兄弟の言葉の掛け合いが見事

    ・毎回出てくるキャストが豪華&超個性的

    ・野木亜希子さんの絶妙な脚本

     

    1話より2話、2話より3話と回が進むにつれて面白くなるし、気づけば虜になっていました。

    基本はおじさん2人の会話劇でぬるーっとした感じなのですが、その中にちゃんと伏線回収や感動も入れてきて、本当に脚本が秀逸で見事なんです。

     

    一路・二路・さっちゃんみんなの役柄に無駄が全くなく、この3人だから見れるドラマでした。

    コメディでありながらもちゃんと社会問題を提起している内容なので、考えさせられる部分もあり素晴らしいです。

    深夜枠であまり知られていないのが残念なので、もっとたくさんの人に見てもらいたい、隠れた名作だと思います。

     

    \最新話まで無料で一気見/

  • アライブ-ガン専門医のカルテ-
    5

    アライブ-がん専門医のカルテ-

    腫瘍内科医の心(松下奈緒)×消火器外科医の薫(木村佳乃)がバディを組む!!

    秘密を抱えた2人の女医が人生を生き抜く、メディカルヒューマンドラマ。

    日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描きます。

    テレビ局

    フジテレビ

    放送日・時間

    毎週木曜22:00

    主演

    松下奈緒

     

    <いちママ評価>

    医療ドラマでは断トツの高評価!

    ガン治療の患者目線や患者家族目線でのリアルや医師たちがもつ秘密・葛藤が丁寧に描かれ、人間味にあふれた素敵なドラマです。

     

    ・医師・患者・患者家族のそれぞれの立場での心情を丁寧に描く

    ・松下奈緒と木村佳乃・高畑淳子の演技は圧巻

    ・自らの秘密と向き合う2人を見て色々考えさせられる

     

    アライブは、抗がん剤治療・がん宣告・手術・民間療法などがんに関わる様々な問題を取り上げ、がん治療という現場のリアルを丁寧に描いています。

    それとは別に、がん治療にあたる医師たちも実は秘密を抱えていて、その秘密と向き合いながら必死に生きる様子がすごく心に残る素敵なドラマです。

     

    毎回終盤で予想外の展開となるので、飽きずに続きがとても気になります。

    特に薫先生(木村佳乃)は、自身の病気や医療過誤・父親の死など本当に色々な問題を抱えていながら、心先生(松下奈緒)に寄り添う見事な演技をされています。

     

    このドラマで一番心に残ったのは、患者役で出演されている高畑淳子さんです。

    高畑さんは1話から9話まで出演され、がん患者でありながらも、がん患者とは思えない強さを秘めた女性を演じています。

    他の患者さんを励ましたり、自分が治療をやめる選択をしてからも残りの人生を豊かに生きたいと旅行に出かけたり。。

    高畑さんの演技には毎回泣かされ、9話は号泣でした。

     

    2人に1人がガンになる時代、多くの人に見てもらいたいドラマです。

     

    \最新話まで無料で一気見/

  • テセウスの船
    5

    テセウスの船

    平成元年に起きた史上最悪の毒殺事件・・犯人は自分の父親だった。

    ずっと自分に父親はいないとして隠れて生きてきた主人公が、家族の笑顔を取り戻すために、タイムスリップして過去を変えようと奮闘する。
    時代を超えてつながる家族の絆が起こす奇跡の物語。

    テレビ局

    TBS

    放送日・時間

    毎週日曜21:00

    主演

    竹内涼真

     

    <いちママ評価>

    テセウスの船は、いちママが今期一番先が気になったドラマ。

    8話、9話でなかなか犯人が出てこず、少し失速した感じがしますが、最終回、その後の犯人の日記編(ネタバレ編)がめちゃくちゃ面白かったので3位にしました!

     

    ・誰もが犯人になりうる展開

    ・ちょっと抜けてる主人公を含むキャストの熱演

    ・犯人の日記(ネタバレ編)で今までの伏線全部回収される

     

    心はかなり抜けていて毎回ツッコミどころ満載の主人公ですが、逆にちょっと抜けているからこそ毎回応援したくなるし、面白いです。

    心や父の佐野文吾(鈴木亮平)、また心をそばで支えていく由紀(上野樹里)の演技も圧巻です。

    父の事件以来下を向き続けてきた家族の本来の姿、家族の絆が明かされるたびに感動します。

     

    榮倉奈々のお婆さんメイクはかなり面白いので一度は見るべき。メイクさんが雑なのが残念なところです。

     

    タイムスリップして心が過去を変えようとするも、心が過去を変えると事実も変わってしまう、そんな展開も面白いです。

    毎回想定外のことが起こる&犯人予想がことごとく裏切られるので、毎回夢中になってみてしまいます。

    原作漫画とは犯人が違うという、原作を知っている人も知らない人も楽しめるドラマです。

     

    本編も面白いですが、テセウスの船はParavi限定配信の犯人の日記(ネタバレ編)がめちゃくちゃ面白いです。

    今までの謎が全て解けるのでこれは視聴必須ですよ。

     

    \最新話まで無料で一気見/

  • 僕はどこから
    5

    僕はどこから

    書き写すことで相手の考えていることが分かる特殊能力を持つ薫(中島裕翔)。
    薫に近づいたのは同級生でヤクザの智美(間宮祥太朗)

    智美は薫をある犯罪に巻き込もうとしていたーー。
    薫は智美と犯罪に手を染めるうちに、自分とは何かを見出していく・・

    テレビ局

    テレビ東京

    放送日・時間

    毎週水曜0:10

    主演

    中島裕翔

     

    <いちママ評価>

    深夜ドラマ枠で放送されたのですが、ゴールデンタイムドラマよりも正直、クオリティが高いです。

    他人の能力をコピーできるという特殊能力がある故、自分のオリジナリティが出せずに苦労していた薫が、ヤクザで親友の智美と出会い、犯罪に巻き込まれていく中で、自分を見つけ出すというストーリー。

    毎回私の予想や期待を大きく超えてきて、最終回も本当に素晴らしい終わり方で圧巻でした。

     

    ・毎話どんどん引き込まれるストーリー展開・構成

    ・演技がうまい俳優陣(中島裕翔&間宮祥太朗)

    ・常に死が隣にあるためスリル満点

    他人の思考をコピーしてしまう故、いつもパクリ作品しか生み出せない苦悩に陥っていた作家志望の薫は、”作家になりたい”という夢を叶えるために智美に協力してしまいます。

    智美に協力した薫は、そこで更なる犯罪に巻き込まれていきます。

     

    薫と智美は幾度となく絶体絶命になるのですが、そのたびに薫の特殊能力と友情でうまくすり抜けていきます。

    薫の能力の使い方がうまくて毎回スッキリするし、智美との友情が伝わってきて、この2人を応援したくなるドラマです。

     

    最終回どうなるのかヒヤヒヤでしたが、すべて伏線も回収される完璧なラストでした!!!

    薫が最後に書いた小説が見たいし、続編希望です!!

     

    \最新話まで無料で一気見/

  • 恋はつづくよどこまでも
    4

    恋はつづくよどこまでも

    勇者VS魔王が繰り広げるラブストーリーがドラマ化!!

    ある運命的な出会いから超ドSドクター天堂(佐藤健)に一目ぼれをしてしまった主人公の七瀬(上白石萌音)が、無謀ながらもまっすぐに自分の想いを天堂に伝え続けます。

    看護師として「命」に向き合う一方で、勇者として自分の恋に立ち向かっていく七瀬の姿に勇気づけられるドラマと

    テレビ局

    TBS

    放送日・時間

    毎週火曜22:00

    主演

    上白石萌音&佐藤健

     

    <いちママ評価>

    久しぶりの王道のラブコメ。

    ストーリー・脚本は置いておいて、佐藤健のかっこよさが抜きんでていた素晴らしいドラマでした。

    主役の2人が素晴らしいのはもちろんですが、佐藤健さんとの疑似恋愛を楽しませてくれた、TBSのドラマの作り方も圧巻だったと思います。

     

    ・佐藤健の魔王の演技

    ・佐藤健のキスシーン

    ・佐藤健との妄想デート

     

    ↑全部佐藤健になっちゃいました・・。

    このドラマは佐藤健を見るためにあるドラマです。

     

    ヒロインは上白石萌音さんなのですが、美人すぎない・素直な点が滲み出ているのも応援したくなっていいです。

    ドSだけど実は優しい、甘いもの好きで高いところが嫌い・嫉妬深いなど、毎回出てくる天堂先生(佐藤健)の一面にキュンとしてしまいます。

    最終回はとくに最初からラブラブで、キュンキュンで、盛沢山で、王道の結末で、佐藤健ファンとしては大満足でした(語彙力)。

     

    残念な点は、医療現場でのストーリーであること。

    ドジなヒロインは医療現場でやってはいけないミス(使用済みの点滴の針を自分にさす等)を連発するので少しイラっとする部分もあります。

     

    サイドストーリー・まだまだ恋はつづくよどこまでもでは本編では描かれなかったサブキャストの恋愛事情&天堂と七瀬のその後の姿についても詳しく深堀されているので、恋つづファンにとっては必見です。

     

     

    \最新話まで無料で一気見&サイドストーリーも無料/

 

2020年冬ドラマおすすめランキングの詳細はこちらの記事にまとめています。

【2020年冬ドラマ評価】本当に面白いおすすめドラマをランキングで紹介!!

 

ドラマを見たいけど、どの動画配信サービスを使えばいいか分からないと言う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

絶対に失敗しない動画配信サービスの選び方を解説しています

【国内ドラマ見放題】動画配信サービスおすすめ6選。絶対失敗しない選び方をドラマオタクが伝授

スポンサーリンク
イチケイのカラス3話ネタバレ感想まとめ
最新ドラマ情報をチェック!!